安全への取組

トレーサビリティ

トレーサビリティ1
トレーサビリティ2

トレーサビリティとは日本語訳で、「追跡可能性」という言葉があてられることが多く、私たちが手にする食品の履歴を、流通システムの構築や表示によって追跡できるようにし、明らかにしようということが目的です。
消費者のみなさまに「より安心」な養殖魚を提供するため、「商品履歴書」を発信しています。

持続可能な養殖環境作り

持続可能な養殖環境作り1
持続可能な養殖環境作り2

環境負荷のかかるオイルの配合を無くして、持続可能な養殖環境を守ります。
養殖場は宇和海に浮かぶ高さ約40メートルほどの3つの小さな島「三ツ畑田島」にあります。
水深は約30〜70メートルにもなります。
「三ツ畑田島」は足摺宇和海国立公園内にある象徴的な景観の一つで、付近はサンゴ礁や熱帯魚が豊富に生息している宇和海でも有数の良好な漁場です。
環境負荷のかかるオイルの配合を無くして、持続可能な養殖環境を守ります。

水産用ワクチン

水産用ワクチン1 水産用ワクチン1

病気を予防するとともに、防御効果の持続が長く残留等の心配もないことから、安全な魚を生産することができます。
投与される魚自体が健康でなければワクチンの防御効果が発揮しにくくなるため、投与前後の適切な飼育管理、衛生管理が重要です。
私たちは、適正な給餌、適正な飼育密度及び酸素が十分な状態で健康に育った魚に接種しています。